<< 揉んでないのに、座骨の痛みが軽減 | main | 首こり・頭痛 痛み止めからの卒業をめざして >>

押されても戻ってしまう。。筋肉の緩まる感覚を忘れていませんか?

0

    JUGEMテーマ:整体

     

    平塚 整体maru 鈴木です。

     

     

    「揺らされているだけで、筋肉の緊張が緩まる」

    と、いう不思議な体験に驚く方が多いので

    更にたくさんの方に体験していただきたいと思い

    初回限定ではありますが

     

    バランス整体 60分

     

    通常 4500円のところ

     

    特別価格 2000円

     

    でご案内することに致しました。

     

    ご予約際は「ホームページ見た!」とお伝えください😄

     

     

    お体の状態により、感じ方に個人差はあると思いますが

    普段強く押されることになれている方ほど

    とても不思議に思うかもしれません。

     

    通常の施術で

    肩や背中・腰をもみほぐしで柔らかくしようとすると

    上からかなりの圧をかけるので

    苦しいこともあるかと思います。

    むしろ、それが当たり前だとおもっている方も多いのかもしれません。

     

     

    お恥ずかしいことに

    以前の私も

    考え方として、奥にあるコリを刺激を加えてほぐす

    事は当たり前だと思っていました。

     

    しかし、

    お客様の体をより軽い状態に保つには

    根本的な部分に目をむけていかないと

    本当の意味での解決にはならないことに気が付き

    現在の施術スタイルにかえていきました。

     

     

    maruが今注目しているのは

     

     

     

    下手な絵で申し訳ございません(笑)

    人間の後ろ姿だとおもってください(^^;

     

     

    注目は、この部分(ピンクの部分)です。

     

    脊柱と仙骨(仙腸関節)。

     

    体の中心ですから、いろいろ大事な部分です。

     

    仙骨は脊柱の土台でもありますので

    ここにずれがあると背骨の中枢神経にもストレスがかかります。

     

    また、脊柱上部の頸椎のずれは脳の神経伝達をさまたげてしまいます。

     

    この神経伝達がうまくいっていないと「痛い」部分を

    きちんと脳に知らせることが出来ないため

    自然治癒力が働いてくれず

    筋肉は緊張したままの状態が続いてしまいます。

     

    ここを整えて、きちんと解放してあげなければ

    根本的な解決にはならないということがわかりました。

     

     

    なので施術は、そこからスタートしていきます。

     

    施術後のチエックで

     

    あれ?!なんで??と

     

    みなさん、不思議に思われます(笑)

     

     

     

     

    皆さんの体の中に

    きちんと回復していく可能性は

    秘められているので

    そこを解放してあげて

     

    本来の自分の体の軽さを

    とり戻せるように

    一緒に頑張りましょう♪

     

     

     

     

     

     

    整体room maru

    肩こり・腰の痛みや足の疲れをやわらげます

     

     

    営業日以外(HPをご覧ください)は不在の為、

    電話に出ることが出来ませんので

    ネット予約をご利用ください。

    お問い合わせはメールでお願いいたします。

    (当日のご予約はお電話でどうぞ♪)

     

    ネット予約http://seitai-maru.net/reservation

    電話 0463(55)4180

     

    HP http://seitai-maru.net

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 平塚 整体maru | 肩こり | 11:18 | comments(0) | - |
    コメント