<< 人間関係をもっと楽に考える | main | 習慣化した先に効果を感じる(オリーブオイル) >>

イライラする時の切り替え方

0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

     

     

    平塚 整体maru 鈴木です。

     

    先日、図書館に行って

    本を借りてきました。

     

    中学生ぶりかもしれません(笑)

     

    なんだか、とっても落ち着く〜と

    感じて、はまりそうです。

     

    何といっても

    静かです。

    なかなか無いですよね、静かな場所って。

    たまには良いです😊

     

     

    気分を切り替えるために

    私は、あえて環境を変えたりします。

    新しい発見があったりするので

    それが良い刺激になります。

     

    そういうことを繰り返していると

    気持ちの切り替え方を自然に覚えるみたいで

    悩み事があっても

    深く考えすぎないようになりました。

     

     

    最近、心理学の本を読むようになり

    メンタルのトレーニングとしては

    そんなに間違ったものではないらしいという事が

    分かりました。

     

     

    トレーニングのつもりでしていたことではないのですが、

    自分の気持ちに嘘をつく事は

    私にとって大変な事なので

    それに気が付いた時から、かなり正直に生きています(笑)

     

    正直に生きている結果、

    あまり不満に思う事がありません。

    鈍感なのかもしれませんが、

    怒りの沸点は高いかもしれません(笑)

     

     

     

     

    少し前に流行ったそうですが

    「アドラー心理学」をご存じでしょうか?

     

    私は全く知らなかったのですが(無知でスミマセン笑)

    人間関係などで悩んでいる方には

    心を軽くするヒントになるような事が書かれています。

     

     

    「馬を水辺に連れていくことは出来ても

     水を飲ませることはできない」

     

    これを読んだ時

    確かに!と笑ってしまいました(笑)

     

    もう!なんで飲まないの!せっかく連れてきたのに!

    とイライラしますよね?(笑)

    でも、馬は飲みたくないから飲まないので(^^;

     

    イライラしても仕方ないのです。

     

     

    その時、自分に出来る事は

    馬が飲みたくなるまでそこで待つか、

    のどが渇くようにするか(歩かせたり・・?)です。

     

     

    これを人間関係に当てはめると・・・

    家庭の中でも仕事でもよくありますよね〜

     

    必要以上に自分以外の人のことで

    悩みすぎている事に気が付いたりします。

     

     

    そうですね〜

    この場合私だったら、時間が限られてなければ

    座って馬が水を飲むのを

    まちますかね(笑)

    自分は別の事をしながら(^^)

    イライラする時間はもったいないと感じるので

    切り替えます。

    時間が限られているのであれば、その時は方法を考えます。

     

     

    そうは言っても

    人間関係はこんな単純ではないですよね

    複雑です。

     

    でも、背負い過ぎない事が

    大切なのではないでしょうか?

     

    あなたはあなた

    私は私

    なのです。

     

    人に振り回されてばかりいると

    疲れちゃいますからね😊

     

     

     

     

     

    整体room maru

    膝の痛み・腰の痛みや肩こりをやわらげます

     

     

    施術中は電話に出る事が出来ません。

    折り返しかけさせて頂きますので

    留守電に、お名前・電話番号を入れてください

     

     

     

    電話 0463(55)4180

     

    HP平塚https://seitai-maru.net

    HP寒川サロンhttps://samukawa-seitai-maru.com/

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 平塚 整体maru | 心理学 | 19:43 | comments(0) | - |
    コメント