<< 習慣化した先に効果を感じる(オリーブオイル) | main | 良い人間関係は免疫力も上げてくれる >>

思い込みで先に進めない事って多い

0

    JUGEMテーマ:つぶやき。

     

    平塚 整体maru 鈴木です。

     

    行き過ぎた思い込みで

    チャンスを逃したり

    人間関係に疲れたり。

     

    その時は気が付いていないけれど

    後で考えてみると

    思い込みが邪魔して

    前に進めなかった事って結構多いような気がします。

     

    解決する為には

    行動しなくちゃいけないので

    怖いんですよね〜。

     

     

    例えばこんなこと

     

    ,澆鵑覆ら、私はこう思われているはずだ

    △海鵑覆海噺世辰燭薹われるかな・・

     

     

    これ、昔の私です(^^;

    コミュニケーションをうまくとれなくて

    人と話すことが苦手でした。

     

     

     

    ,皚△

     

    そう思ったのは私なので

    みんなが本当にそう思っていたのかは

    聞いていないので

    その時点ではわかりません。

     

    つまり私の「思い込み」です。

    「事実」ではないわけです。

     

     

    この後に知る「事実」としては

     

    みんなに嫌われていると思っていたけど

    それは一部で

    助けてくれる人もいた、という事です。

     

     

    もっと早く気が付いていれば

    あの時

    私はストレスMaxまでいくことはなかったと思います。

     

     

    「思い込み」ではなく

    「事実」に目をむけていれば

    思い悩んで考えていた時間も

    もっと短くてすんだでしょうね(笑)

     

     

    その時に声をかけてくれた職場の同僚に

    「どうしたらよいのかわからないんだ」と

    自分の弱さをみとめて

    正直に話したとことから

    状態は良くなっていきました。

     

     

    生きてるうちに

    こういう出来事って何回もありますけど

    ただポジティブに明るく振舞って

    作り笑顔で生活するのは

    あまりにも窮屈です。

     

     

    ネガティブな自分を受け入れることで

    メンタルも強くなっていくそうです。

    科学的にも証明されているみたいなので(笑)

     

     

     

    最近の私ですが

    「思い込み」に流されそうなときの

    考え方はこんな感じです。

     

    「でもさぁ〜直接きいたわけじゃないし」

    「聞いてから悩むことにしよ♪」

     

    こんな風に思えるようになりました(笑)

     

     

     

     

    悩んだら俯瞰でみるとよいみたいですよ♪

     

     

    ,澆鵑覆ら、私はこう思われているはずだ

          ↓

    他の人が同じことをしたら、私はどう思うか

     

     

    △海鵑覆海噺世辰燭薹われるかな・・

          ↓

    他の人が同じことを言ったとき、私はその人の事を嫌いになる?

     

     

     

    こんな感じで。

     

    そうすると、少し冷静に考えることができます。

     

     

     

     

    知っていると役に立つかもしれません😊

     

     

     

     

     

    整体room maru

    膝の痛み・腰の痛みや肩こりをやわらげます

     

     

    施術中は電話に出る事が出来ません。

    折り返しかけさせて頂きますので

    留守電に、お名前・電話番号を入れてください

     

     

     

    電話 0463(55)4180

     

    HP平塚https://seitai-maru.net

    HP寒川サロンhttps://samukawa-seitai-maru.com/

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 平塚 整体maru | 心理学 | 15:27 | comments(0) | - |
    コメント